投資で勝つには

日本のがん治療に投資をするならメディネット

日本でがんの治療関連企業に投資をしたいと思うのであれば、メディネットなどがあります。
メディネットはがん免疫細胞療法の草分け的存在であり、細胞医薬品なども開発しています。
そのため、がんの治療に興味があるという人はメディネットに投資をしてみるというのも良いのですが、それによって将来儲けることができるかというのはまた別の話となってきます。

メディネットは現在赤字が続いていて、株価も100円台前半と低迷しています。
これはメディネットに限った話ではなく、バイオ関連銘柄全てに言えるものですがこのような事業というのは莫大な研究開発費がかかり、それだけお金をかけたからといてすぐに成果が出るわけではありません。
何年も何年も芽が出ず最終的に倒産をしてしまうことも少なく無いという世界であるため、投資をするのであればそれを覚悟の上で投資しなければならないのです。

しかし、一度画期的な商品が開発されるとそれまでのマイナスを大きく取り戻すことができ、株価もうなぎのぼりで急上昇していくのがバイオ関連銘柄の特徴となります。
事実メディネットに関しても、2012年の9月頃は現在よりも株価の低い二桁後半だったものが期待から大きく買われることになり2013年の6/28には1039円の値をつけることになり一年もしない内に株価が10倍以上にも膨れ上がったのです。
その後、急落をすることになってしまいましたがバイオ関連銘柄というのはこのように、期待できる成果が出たり新製品が登場したりすると爆発的に株価を延ばすものとなっているため、そのような将来性に期待して最悪の場合なくしてしまってもあきらめが付く金額で投資をしてみるのは面白いものです。