投資で勝つには

投資における税制のスケジュールについて

最近の株式市場においては非常に大きな制度の変更があり、一般の人たちにも認識が広まるようになってきました。その中の一つとしては、NISAと呼ばれる一般の人たちが始めることができる制度がスタートしています。どのような制度かといいますと、銀行や証券会社のなどの窓口を通して証券会社や投資信託を購入するときに、一般での買付の場合、利益が出た時点でその利益に対して税金が発生することになります。このようなものを日本の投資においては税制措置として取り組んでおり、現在においては20万円までの利益に対しては非課税ととなり、税金はかからないのですがそれ以上の利益が出てきますと課税対象となってきます。このような状況にあるため、一般の投資家はただでさえ利益をあげることは難しいのですが、せっかくあげた利益に対しては税金という形で利益が減ってしまうというデメリットがありました。このような税制のスケジュールについて合わせて日本においてはNISAによって利益の出た分に関しては非課税になることによりいくらち利益が出ても税金がかからないというメリットがあります。ここで、NISAに関しては税制の優遇措置があるのですが現在の制度では購入してから5年間までしか購入した株式に関しては保有することができません。そのため、きっちりとした投資スケジュールを立てておくことで、購入のタイミングと売却のタイミングに対してはある程度の余裕をもって取り組んでいく必要があります。さらには、もう一つのデメリットとして、損失が出てしまった場合には通常ですと通算決算の対象となり、次の年にも損失を繰り越せることができるのですが、NISAですと、損失については繰り越せないということをしっかりと把握しておく必要があります。