投資で勝つには

投資と世相

最近の日本の社会においては企業にたいして非常に不安をかかえた人たちがたくさんいるため、より多くの人たちがしっかりと自分自身の生活を守ろうと将来に向けていろいろなことを考えたり、会社からのお給料以外にも多くの収入を得るための手段を検討したりと、自分自身のセーフティーネットを作ることにたいして積極的に取り組んでいます。その中のひとつの方法としては、現在の株式投資市場においてはサラリーマンが参加することができるという点が非常にメリットになっており、より多くの投資家が参加するようになってきました。さらには、外国為替市場においては少ない資金から始めることができる上に、てこの原理と呼ばれるようにレバレッジを用いることで、より多くのサラリーマンが少ない資金から大きな利益をあげることができるようになってきました。しかし、そのような状況においてもきっちりと把握しておかないといけないこととしては、投資の世界においては100%勝ち続けることはできないということをしっかりと把握しておかなければなりません。このため、日本における現在のサラリーマンはなかなかお給料が上がらずに苦しんでいるのですが株式投資などを始めて毎年勝ち続けて利益をあげ続けられている人は本の一握りであるということもしっかりと把握しておく必要があります。そのような難しい世界においてしっかりと利益をあげるためにまず始めなくてはいけないことが、しっかりと勉強するということになります。自分が損失を出した場合どのように取り組んでいくことができるのかをしっかりと把握しておく必要があります。また投資の世界における世相に関してもきっちりと把握しておくことでより勝率が高い投資チャンスに恵まれてきます。

投資と世界の動き

日本国内の株式であっても、世界の動きが値動きに大きく影響することは多いです。どこかの国で内乱が勃発したり、税金を安くしたりすると企業や市場へのお金の流れが変わるためです。世界の中で最も日本の投資家たちが情報を早く入手しなければならないのが、アメリカです。日本の株価がアメリカのものと連動しているのは昔からで、日米安全保障条約や貿易量の多さなどが要因です。アメリカ政府が税制対策を行ったりテロに巻き込まれたりすれば迅速に対処しないと、順調に値上がりしていた銘柄が社会不安から暴落することがあります。これまで日本経済が受けた大打撃には1953年3月5日のスターリンショックがあります。スターリンはソ連の指導者でしたが、彼が死んだことで朝鮮戦争が終結すると考えた人が株をたくさん売ったことで暴落しました。日本は戦争特需といって朝鮮戦争で使われる金属などを提供していたので、スターリンが死ぬまでは好景気でした。また1963年7月19日のケネディショックは、ドルの価値を守るために金利平衡税を導入したことがきっかけでした。アメリカの外へドルが流れるのを防ぐための税制で、アメリカ人投資家は日本円を買いにくくなったことで、日本経済が得られる資金が減りました。最近にも株価の大暴落は起きており、2008年のリーマンショックは日本だけでなく世界中の株式市場に影響を与えました。サブプライムローンは他の金融商品とセットで世界中の金融機関で販売されており、ローンを返済できない低所得者が多かったことで、金融商品を買っていたリーマンブラザーズが倒産しました。バブルの状態だと景気が良くて積極的に投資が行われますが、世界各地の経済や政治などによって一気に弾けるので注意しなければなりません。

投資の先を見据える

個別株式の購入においては、これからの5年や10年といった先を見据えて銘柄を選択することが重要となっています。企業が長期に渡って成長していく可能性が高い場合には、個別株として投資をする価値が出てきます。しかし、今後の高成長が見込まれている企業の株価というのは、市場平均よりも割高に買われていることが多くなっています。高成長の期待ある企業では、PERが40倍を超えることが少なくありません。しかし、PERが40倍を超えている企業だとしても、年平均の成長率が10%を超える年が5年や10年継続していくと、株価は割高とは言えなくなり得ます。したがって、長期で高成長が続く企業であれば、今の株価はあまり問題ではなくなってきます。5年10年後を見据えて今の株価が割安と判断ができるならば、個別株への投資をすべきだと言えます。しかし、長期に渡って高成長が見通せる業種というのは、非常に限られることも事実です。長期で成長が見込める業種としては食品の一部や医療関連、新興国で活躍している生活用品メーカーなどが挙げられます。そのような長期で先が見据えられる業種で企業の成長が高くなりそうなところが見つけられれば、個別株の投資対象となり得ます。また、長期での投資銘柄を探す際には、世界のメガトレンドに乗るような企業を見つけるのがコツとなってきます。日本国内においては少子高齢化の流れがあるため、少子高齢化で必要とされる企業へ投資することが選択肢となります。また、世界においてはインドや東南アジアの経済成長の流れが続いていく可能性が高まっています。そのため、今後はインドや東南アジアで活躍ができる企業へ投資を行うことも選択肢となってきます。

■投資で成功するには投資顧問に相談しましょう
投資顧問 比較
■株に関する情報はこちらで入手しましょう
注目 株
■投資で負けないように情報収集をしましょう
仕手株情報をチェック!